United States Trade Representative Robert Lighthizer said on Monday that China’s manipulative trade practices and economic model represent an “unprecedented threat’. (Paul Huang/The Epoch Times)United States Trade Representative Robert Lighthizer said on Monday that China’s manipulative trade practices and economic model represent an “unprecedented threat’. (Paul Huang/The Epoch Times)

China’s manipulative trade practices and economic model represent an “unprecedented threat” to the world’s market-based economy and U.S. interests, said the incumbent United States Trade Representative Robert Lighthizer in a speech on Monday.

It was the first major public speech given by Lighthizer, a long term critic of China’s trade practices against the United States. Lighthizer told a crowd of over a hundred at the Center for Strategic and International Studies that China represents the one challenge facing the administration that is “substantially more difficult than those faced in the past.”

“The sheer scale of their coordinated efforts to develop their economy, to subsidize, to create ‘National Champions,’ to force technology transfers, and to destroy market, in China and throughout the world, is a threat to world trading system that is unprecedented,” said Lighthizer.

Lighthizer was referring to the hundreds if not thousands of Chinese state-owned enterprises (SOE) that are institutionally protected and promoted by the Chinese regime, hence known as the “national champions” of the Chinese economy.

Not only do Chinese state-owned enterprises receive extensive protection from the Chinese regime against foreign competition, they are also often the culprits in stealing technology and other intellectual properties from foreign companies. Large number of American companies have fallen victim to such abusive tactics by the Chinese, which has resulted in massive job losses on the part of American workers, according to Lighthizer and many other critics of China’s trade practices.

“Unfortunately the World Trade Organization is not equipped to deal with this problem,” Lighthizer said, “WTO and its predecessors, the General Agreement on Tariffs and Trade (GATT), were not designed to successfully manage mercantilism on this scale.”

“We must find other ways to defend our companies, 労働者, farmers, and indeed, our economic system,” said Lighthizer, “We must find ways to ensure our market-based economy prevails.”

Cargo ships berth at a port in Qingdao, east China's Shandong Province on June 8, 2016. (STR / AFP /ゲッティイメージズ)

Abusive trade practices by the Chinese state-owned enterprises have inflicted significant harm on American companies and will be dealt with by the Trump administration, 米に従って. Trade Representative Robert Lighthizer. Photo showing cargo ships berthed at a port in Qingdao, 中国. (STR / AFP /ゲッティイメージズ)

Lighthizer did not reveal specifics of the ongoing investigation regarding China’s alleged theft of intellectual property, a process that was started by President Trump on Aug. 14. He revealed, しかしながら, that the investigators receive “an awful lot of complaints” from executives of American companies that were hurt by the abusive practices of the Chinese, with many complaining that they were forced to give up their technology and corporate secrets to their Chinese competitors.

Trump Continues Hawkish Stance

Lighthizer’s comment on Monday represents the latest signal that Trump’s campaign pledge of a hardline trade policy against China remains steadfast, despite the departure on Aug. 19 of White House Chief Strategist Steve Bannon, who was widely thought to be the administration’s primary advocate of a hawkish stance against China.

Lighthizer is not the only “trade hawk” inside Trump’s administration. ピーター・ナヴァロ, an economist who is also known for outspoken criticism of the Chinese regime and of China’s trade practices against the United States, was selected by President Donald Trump to head the newly created National Trade Council and is believed to be playing a key role in forming the Trump administration’s trade policies.

ここに記事全文を読みます

Tourists walk with their luggage at Beijing International Airport on November 24, 2016.
(Fred Dufour/AFP/Getty Images)Tourists walk with their luggage at Beijing International Airport on November 24, 2016.
(Fred Dufour/AFP/Getty Images)

Having left her native China and entered the United States via a smuggling ring in 2014, Zheng Lili recalls the climax of her months-long journey, which took her around the world and cost tens of thousands of dollars.

“I was scared to death, gasping for breath, I thought I would die there.” It was at that very moment, after she crossed the Rio Grande, that she heard police officers say, “Welcome to America!」

Her first stop was Moscow. From there she went to Cuba, where a visa is not required for Chinese nationals staying less than a month, before finally arriving in Mexico City and embarking on their trek journey north.

At Mexican customs, the leader of the group Zheng was in had told everyone to slip $200 into his or her passport. They were then led to a special entryway and got through without trouble. Joined by a dozen others from different countries, they set off at midnight on a journey to the Rio Grande Valley. For two days straight, they marched over the mosquito-infested land, constantly ready to throw themselves to the ground to evade helicopters or patrol vehicles.

Zheng had become so exhausted that she had to be carried by her son and another immigrant. “We all looked forward to being arrested after crossing, because it speeds up the process,” she told The Epoch Times.

Her son was released on bail a month later, and was soon granted political asylum on account of the Christian faith he learned from his devout grandmother. Zheng was detained for two years.

Zheng Lili’s experience isn’t unique. Aug. 26 今年, twenty-three Chinese were arrested crossing San Diego’s Otay Mesa border, the largest bust of illegal entry by Chinese nationals via Mexico.

Along with seven Mexicans, the group was discovered while they were going through a cross-country tunnel from Mexico. All came from southeastern China—22 from the coastal province of Fujian and one from the neighboring province of Guangdong.

Zheng, also from Fujian, arrived in the United States in 2014 and spent two years in detention before she was reunited with her husband in 2016. Her husband, Chen Zhiqiang, was himself an illegal immigrant: he had gained entry over two decades earlier with a fake passport obtained in the Netherlands. Chen and Zheng were the last of 39 Chen-surnamed families in their town that left home for the United States.

Fujian has historically been one of the largest sources for Chinese immigrants. Changle District, which in the late 1970s became one of the first Chinese ports opened up for international trade, gained the nickname “Village of Smugglers.” From 1980 に 2005, オーバー 200,000 people had been trafficked to overseas destinations, according to Sina, an online Chinese media group.

In Fuzhou, capital of Fujian, tens of thousands of “left-behind children” lived with their grandparents, according to Beijing News. The parents—unauthorized immigrants working in the United States—sent their toddlers back because they had no extra energy or time to take care of them after toiling for 13 hours a day or more. Changle District, which lies near Fuzhou and has around 712,500 residents, counted 5,000 U.S.-born children in 2012. Nearly every local household had someone living overseas.

Fujian has a long tradition of emigration, beginning in antiquity as Chinese merchants left the mainland and settled abroad, often in Southeast Asia. In the early 1960s, Fujianese sailors who took work in Hong Kong discovered that they could earn 15 times as much in the United States, sparking a first wave of emigration to the West.

Gradually an extensive network and an industry of smuggling developed. “When other people got out and we didn’t, it made us look bad,” unnamed immigrants told Sohu, another Chinese media site. Villagers in Changle would set off fireworks to celebrate whenever someone made it to the United States.

“There have been lots of historical cases of Chinese people being brought into the United States illegally on ships, in railroad coaches, hidden in cars, through tunnels, on airplanes – every imaginable way that humans can think of to cross the border,” Elliot Young, a history professor at Portland, Oregon’s Lewis and Clark College and author of the book “Alien Nation,” which documents China’s immigration history to the United States, told Voice of America.

“The Chinese were among the first to invent these ways of evading border control,” Elliott Young said.

Zheng Qi (not related to Zheng Lili), chairman of the Fukien Benevolent Association of America, made his way into America with a Thailand tourist passport, according to U.S.-China Press. In his unsuccessful first attempt, the Hong Kong-based travel agency got him a travel visa to Canada, which got him to the Canadian border before he was discovered and repatriated.

ザ・ Migration Policy Institute estimates about 268,000 illegal or undocumented immigrants from China, making them the fifth largest group among over 11 million illegal immigrants residing in the United States, and the largest of all non-Latin American nations. で 2016 報告する, the MPI identified China as one of the world’s leading sources of immigrants.

Over a period of seven months from October 2016 to this May, the California border patrol apprehended 663 Chinese trying to illegally enter the United States, a huge jump from a mere 48 over the same period in 2016, and just 5 the year before, NBC 7 reported.

Smugglers see Chinese clients as more profitable than those from Latin America or Mexico, since gangs can demand higher fees due to the longer travel route. In the past few decades, the cost of smuggling an immigrant has more than doubled, rising from $30,000 に $50,000 に $70,000, according to the Council on Foreign Relations.

Rarely are these fees paid upfront to smugglers, called shetou or “snakeheads” in Chinese, according to the professor Elliott Young.

Young observed that the immigrants would usually arrange with the smuggler on a certain amount of down payment—around a few thousand dollars—and “work off their debt in the United States by working in a business.” “They work in restaurants, garment factories and other, often Chinese-owned, ビジネス," 彼は言った.

A sarcastic Chinese expression describes a typical illegal immigrant’s day-to-day life upon arriving the United States: “Daytime at the stove, nighttime on the pillow, and weekend at the lawyer’s.”

ここに記事全文を読みます

Dan Blumenthal (center), Director of Asian Studies at the American Enterprise Institute, speaks at a discussion on U.S-Korea relations at the Center for Strategic and International Studies, on Sept. 5, 2017, ワシントンで. (Paul Huang/The Epoch Times)Dan Blumenthal (center), Director of Asian Studies at the American Enterprise Institute, speaks at a discussion on U.S-Korea relations at the Center for Strategic and International Studies, on Sept. 5, 2017, ワシントンで. (Paul Huang/The Epoch Times)

WASHINGTON – In the aftermath of last week’s nuclear test by North Korea that allegedly detonated a hydrogen bomb, experts suggest that the time is now for the United States to apply overwhelming pressures on China so as to force it into giving up the rough Kim regime and put an end to its seemly-endless provocations and aggressions.

Dan Blumenthal, Director of Asian Studies at the American Enterprise Institute, said on Tuesday that it is possible for the United States and China to reach an agreement over the future of the Korean Peninsula, provided that United States “makes China feel so much pain over its relationship with North Korea” so that China would eventually give up its support for the totalitarian Kim Jong-un regime.

Among a panel of experts that participated in the discussion on U.S.-South Korea strategy hosted by the Center for Strategic and International Studies (CSIS) on Sept. 5, all agreed that a unification of the Korean Peninsula under the democratic rule of the South Korea should be desired “end goal” for both the United States and South Korea. しかしながら, Dan Blumenthal was the most vocal when it came to advocating a hardline policy against China over its support for North Korea.

“What we need to do, and what we have done effectively, is to scare China,” said Dan Blumenthal, 「[The United States should] make China very scared, and on its heels about what we are going to do, and what we are capable of doing.”

Blumenthal also said that Trump’s approach to North Korea is more or less on the right trajectory: “The policy adopted by the Trump administration right now is to tie North Korea as a liability for China, to make China feel so much pain for its relations with North Korea,” said Blumenthal, “at some point China would say, enough is enough.”

“China will help get rid of Kim regime, and give him a nice villa in Shenyang, with Dennis Rodman as his companion,” said Blumenthal.

After North Korea’s sixth nuclear test on Sunday, President Trump vowed that the United States will stop all trade with any country doing business with North Korea. China is currently North Korea’s biggest trading partner. Previously Trump has said many times that he was “disappointed” in China for not helping stop North Korea’s nuclear aggressions.

A B-1B long range strategic bomber in a file photo. In July this year the U.S. flew two of the bombers over the North Korean penninsula in a demonstration of force. Michael Green, the senior vice president for Asia and Japan Chair at CSIS, said that China needs to be compelled to change through a forcible approach, such as building the fear of a U.S. attack on North Korea in the minds of the Chinese regime rulers. (Courtesy USAF/Getty Images)

A B-1B long range strategic bomber in a file photo. In July this year the U.S. flew two of the bombers over the North Korean penninsula in a demonstration of force. Michael Green, the senior vice president for Asia and Japan Chair at CSIS, said that China needs to be compelled to change through a forcible approach, such as building the fear of a U.S. attack on North Korea in the minds of the Chinese regime rulers. (Courtesy USAF/Getty Images)

Michael Green, the senior vice president for Asia and Japan Chair at CSIS, said that he would substitute the word “incentivize” for the word “scare.” However, Green also acknowledged that China needs to be compelled to change through a forcible approach, such as building the fear of a U.S. attack [on North Korea] in the minds of the Chinese regime rulers.

Other experts expressed more doubt over the possibility that the Chinese regime’s behavior could be changed. Laura Rosenberger, Director of Alliance for Securing Democracy said, “I am more pessimistic on it. We forget that [中国の政権] has a communist party leadership. That’s an existential issue.”

ここに記事全文を読みます

Chinese President Xi Jinping in Xiamen, southeastern China's Fujian Province, on Sept. 5, 2017.
(WU HONG/AFP/Getty Images)Chinese President Xi Jinping in Xiamen, southeastern China's Fujian Province, on Sept. 5, 2017.
(WU HONG/AFP/Getty Images)

North Korea declared that it tested its sixth nuclear bomb on Sept. 3, a move emphatically condemned by UN Secretary General António Guterres and U.S. 社長ドナルド・トランプ, who threatened to stop trading with any country doing business with the reclusive communist country.

Of all the countries that have diplomatic ties with North Korea, Trump’s threat probably hits closest to home for the Chinese regime, North Korea’s largest and historically most loyal ally.

Over the years, China has supported its communist neighbor, fearing that a collapse of the Kim regime would send thousands of refugees pouring into the country.

The Chinese regime also uses North Korea as a bargaining chip with the United States, claiming that China is the only one that can bring North Korea to the table, says Chen Pokong, a China current affairs analyst.

But the Chinese regime also doesn’t want to deal with the backlash and instability in the region that North Korea has created.

<a href="http://img.theepochtimes.com/n3/eet-content/uploads/2017/07/12/GettyImages-689969574.jpg" class="light-box" data-lightbox="59aefff3999db" data-title="The test fire of a ballistic missile at an undisclosed location in North Korea in an undated photo released by North Korea’s official Korean Central News Agency on May 30, 2017.
(STR / AFP /ゲッティイメージズ)”>The test fire of a ballistic missile at an undisclosed location in North Korea in an undated photo released by North Korea's official Korean Central News Agency on May 30, 2017.  (STR / AFP /ゲッティイメージズ)

The test fire of a ballistic missile at an undisclosed location in North Korea in an undated photo released by North Korea’s official Korean Central News Agency on May 30, 2017.
(STR / AFP /ゲッティイメージズ)

For these reasons, Beijing has shown its disapproval of North Korea’s brinkmanship, but at the same time, has not done a great deal to stop it.

Chinese leader Xi Jinping and Russian President Vladimir Putin, who were at a summit in China during the most recent nuclear test, both ambiguously vowed to “appropriately deal” with” the North’s provocations, according to Chinese-state-run media.

When North Korea fired a missile over Japan on Aug. 29, Chinese Foreign Ministry spokesperson Hua Chunying called for restraint from all parties and for everyone to study the “relevant resolutions by the UN Security Council.”

This raises the question of whether China, in the event of an all-out conflict, would ultimately take the side of the United States or its maverick neighbor.

While the Chinese regime under Mao signed a pact with North Korea in 1961 that obliged China to come to North Korea’s aid in the event of an attack, Xi’s administration has begun to show signs of ending China’s long-standing support for the Kim regime.

Earlier in August, China approved UN sanctions against North Korea after Trump put significant pressure on Beijing to rein in its rogue neighbor.

Beijing also announced in mid-August that it would ban imports of products like coal, fish, and iron from North Korea starting Sept. 5—a significant move considering that about 90 percent of North Korea’s export income comes from trade with China.

China has also reportedly been fortifying its border with North Korea by sending more troops to the region, holding military drills, and gathering intelligence through 24-7 surveillance.

同時に, China has declared that it “will never allow chaos and war on the peninsula,” according to China’s representative to the UN.

Further aggravating North Korea’s relationship with China is Pyongyang’s timing. Both the missile over Japan and the nuclear test come close to the Chinese regime’s 19th Party Congress, a once-in-five-year event at which China’s new leadership is chosen.

“The Chinese Communist Party needs to create a stable environment [ahead of the 19th Party Congress],” said Chen Pongkong. “That means the CCP is willing to compromise with others, even submit to humiliation. [North Korean leader] Kim Jong Un sees this, so he always picks this most crucial time to be provocative.”

米国. President Donald Trump and Chinese leader Xi Jinping walk together at the Mar-a-Lago estate in West Palm Beach, Fla., 4月に 7, 2017. (ジム・ワトソン / AFP /ゲッティイメージズ)

米国. President Donald Trump and Chinese leader Xi Jinping walk together at the Mar-a-Lago estate in West Palm Beach, Fla., 4月に 7, 2017. (ジム・ワトソン / AFP /ゲッティイメージズ)

When Trump and Xi met in person for the first time in April, North Korea was one of the topics of conversation. Coming out of that, Trump said he better understood the complexity of China’s situation and was optimistic that Xi would help the United States deal with North Korea.

“They have pressures that are tough pressures, and I understand. And you know, don’t forget, 中国, over the many years, has been at war with Korea—you know, wars with Korea. It’s not like, ‘Oh, gee, you just do whatever we say.’ They’ve had numerous wars with Korea,” he told White House reporters in July.

Although the Chinese regime has agreed to cooperate with the United States to sanction North Korea, their starting points differ. The Chinese regime advocates all sides coming to the table, whereas the United States wants North Korea to abandon its nuclear program before it will sit down to talks.

Recently however, Trump has hinted that negotiations, whether North Korea lays down its nuclear arsenal or not, are futile.

“North Korea is a rogue nation which has become a great threat and embarrassment to China, which is trying to help but with little success,” he tweeted Sept. 3. “South Korea is finding, as I have told them, that their talk of appeasement with North Korea will not work, they only understand one thing!」

What Kim Wants

Analysts believe that Kim Jong Un craves the respect that comes with being recognized as a nuclear power, and has no interest in abandoning its nuclear weapons.

“While geographically a small nation, if it is a big nuclear nation, the Kim empire—his dictator regime—will last forever. So Kim is pursuing the stability of his regime,” Chen Pongkong said.

“North Korea’s ultimate goal is to force the United States to accept it as a nuclear state, and to be able to talk to the United States on this basis,” said NTD TV’s East Asia political affairs analyst Wen Zhao.

North Korean leader Kim Jong-Un (C) in Pyongyang on Fe. 22, 2017. (STR / AFP /ゲッティイメージズ)

North Korean leader Kim Jong-Un (C) in Pyongyang on Fe. 22, 2017. (STR / AFP /ゲッティイメージズ)

しかしながら, it doesn’t look likely that the United States and other nuclear nations will willingly allow North Korea to be a nuclear power.

If Trump carries through on his threat to cut trade ties with North Korea’s backers, he could be looking at a trade war with one of the United States’ largest trading partners—China.

Trump has made no secret about the fact that he wants to re-negotiate trade deals with the world’s second largest economy, saying to reporters in July, “I’ve been going a little bit easier [on China] because I’d like to have their help … But we have to fix the trade with China because it’s very, very non-reciprocal.”

“In terms of North Korea, our strength is trade," 彼が追加した.

The United States is China’s largest importer. If Trump follows through with his threats, the Chinese regime could be forced to choose between the survival of its own economy and that of North Korea’s.

“Once the pressure is high enough, I believe the Xi government will choose the option with the least negative consequences,” said Chen Kuide, the chief editor of China in Perspective, a digital Chinese language magazine out of Princeton that covers China’s democracy movement and rights issues.

から NTD.tv

NTD News’ Tina Lin contributed to this article.

ここに記事全文を読みます

米国. 担当者. Jim Bridenstine米国. 担当者. Jim Bridenstine

Longtime space advocate Rep. Jim Bridenstine (R-Okla.) has been nominated by President Trump to be the next administrator of NASA. Birdenstine is known for his strong support for a new manned mission to the Moon, and for his belief that the United States needs to challenge China’s ever-expanding presence in space.

The nomination of the former Navy pilot and three-term Congressman from Oklahoma has been expected for some time, and was finally announced on Sept. 1. Previously, Trump tasked Vice President Mike Pence to lead a re-established the National Space Council aimed at reinvigorating and reasserting the U.S. presence in the space.

Bridenstine has been an active voice in the Congress for increasing the U.S. commitment to the space program. に 2016 Bridenstine introduced H.R. 4945, the American Space Renaissance Act, which sought to reform and modernize the U.S. space program in a comprehensive manner. While the act did not move forward, some of its elements were incorporated into later legislation.

The nomination could face a challenge in the Senate and has already prompted criticism from Florida’s two senators, Republican Marco Rubio and Democrat Bill Nelson. Florida is the home to NASA, and both Rubio and Nelson have complained that Bridenstine, a politician, lacks management experience.

しかしながら, some observers have speculated that Rubio’s opposition might have been partially motivated by Bridenstine’s support for Rubio’s primary opponent Ted Cruz in the 2016 GOP presidential campaign, which caused relations between the Oklahoman and the Floridian to become bitter.

The private space flight industry has largely welcomed the news of Bridenstine’s nomination. Commercial Spaceflight Federation (CSF), a private spaceflight advocacy group composed of space industry giants such as SpaceX and XCOR Aerospace, issued a statement praising President Trump’s nomination of Bridenstine.

“NASA needs dedicated and inspired leadership, and Representative Bridenstine is an outstanding choice to provide precisely that,” said S. Alan Stern, board chair of CSF.

Similarly, several space experts have voiced support for Bridenstine. 「[Jim Bridenstine] understands space technology, economics and policy better than most of the people who advise our other policy makers on these topics,” said space researcher and educator Greg Autry. Previously Greg Autry had served as the Trump administration’s liaison to NASA. “Far from being a politician, Bridenstine is a well-informed aviator and leader,” Autry said.

Challenging China’s Presence in Space

Bridenstine has previously expressed serious concerns about China’s space ambitions, as he sees the U.S. presence in space and competition with other adversaries there as intimately linked with national security. Bridenstine’s support for a new manned mission to the Moon is partially motivated by China’s ever-expanding presence on and around the Moon.

In this July 20, 1969 file photo, astronaut Edwin E. “Buzz” Aldrin Jr. stands next to a U.S. flag planted on the moon during the Apollo 11 mission. Aldrin and Neil Armstrong were the first men to walk on the lunar surface. Jim Bridenstine, Trump’s newly nominated administrator of NASA, vows to compete with China in space by launching new manned mission to the Moon. (Neil A. Armstrong/NASA)

“As the cis-lunar economy develops, competition for locations and resources on the Moon is inevitable,” Jim Bridenstine wrote in a Blog post に 2016, “The Chinese currently have landers and rovers on the Moon. The United States does not.”

In another Blog post に 2015, Bridenstine wrote that: “We are seeing the Russians and Chinese attempt to deny space to us. The Russians are launching things into space that are not being registered with the agencies they would normally be registered with.”

“Space is no longer uncontested,” Bridenstine wrote. “It’s being contested, and it’s congested.”

If confirmed by the Senate, Bridenstine will head an agency that currently has an annual budget of more than $19 10億. The current budget however takes up less than 0.5 percent of the total federal budget, a tiny portion compared to NASA’s heyday. During the 1960s the United States allocated almost 5 percent of the annual federal budget to NASA to fund the manned space missions to the Moon.

ここに記事全文を読みます

Senator Joel Anderson speaks in front of the California State Capitol in Sacramento during a rally to support a resolution condemning the Chinese Communist Party's persecution of Falun Gong practitioners, on Aug. 29, 2017. (Mark Cao/Epoch Times)Senator Joel Anderson speaks in front of the California State Capitol in Sacramento during a rally to support a resolution condemning the Chinese Communist Party's persecution of Falun Gong practitioners, on Aug. 29, 2017. (Mark Cao/Epoch Times)

SACRAMENTO, CA—Impassioned speeches asking Californians to stand together against tyranny were heard at the State Capitol on Aug. 31 when around 200 Human Rights activists gathered to show support for SJR 10—a resolution that condemns the Chinese Communist Party for its ongoing persecution of Falun Dafa practitioners.

State legislators as well as three survivors of the brutal persecution, implored Californians to stand together against the “egregious state-sponsored violence,” as one Senator put it, that is now occurring in China.

On Aug. 29, the resolution had passed the Judiciary Committee hearing unanimously. But then on Sept. 1, the day following the rally, the State Senate unexpectedly voted to refer SJR 10 back to the Rules Committee—essentially blocking it from coming to a vote in the Senate.

Foreign Interference

The action appears to be the direct result of interference by the Chinese communist regime in American governmental affairs.

That morning, the members of the Senate received by email an unsigned letter on the stationary of the Chinese Consulate in San Francisco.

“We would like to urgently draw the attention of the California legislature to SJR-10,” the letter begins. “This may deeply damage the cooperative relations between the state of California and China.”

Later, the letter points out the high level of trade China has with California, the great number of tourists from China who visit the state, and how China is the largest source of foreign students who attend California’s colleges and universities.

Then it directly asks legislators not to support the resolution, “so as not to sabotage the friendship and sustainable development between California and China.”

The author of the resolution, Senator Joel Anderson, knew that passing an official condemnation of China’s human rights abuses would not be easy.

At the rally Anderson said: “I proudly stand here with everyone to condemn the Chinese Government for their persecution of Falun Gong practitioners. … It takes great courage to stand up against persecution, to stand up against one of the greatest nations in the world—China—and to call them out for their practice of harvesting organs and the genocide they have created against Falun Gong. Together, we’ve taken our first steps towards defending freedom and human rights.”

法輪大法, また、法輪功として知られています, is a traditional Chinese spiritual discipline that consists of performing gentle exercises and living by the principles of truthfulness, 同情, そして、寛容. First brought to the public in 1992, it spread rapidly throughout China and by 1999 あった 70 万人に 100 million people practicing.

Fearing its popularity—there were more Falun Gong practitioners than members of the Communist Party—then Chinese leader Jiang Zemin banned the practice and enlisted the nation’s entire security complex, media, and judiciary to participate in a massive persecution campaign that continues today.

オルガンの収穫

The persecution over 18 years has amounted to genocide. At the rally, Anderson used this weighty word and called for it to stop.

“In World War II, there were deniers who said the Holocaust didn’t exist, who said it wasn’t happening. We now know that the Holocaust happened and that millions of Jews lost their lives. I will not stand by and watch millions of Falun Gong practitioners lose their lives,” Anderson said.

“If you feel strongly and you believe that nobody should be persecuted or executed for their body parts because they practice a faith, then you need to call your legislator and tell them that they need to stop genocide in China," 彼は言った.

Anderson was referring to the murder of Falun Gong practitioners to supply China’s flourishing organ transplantation industry.

In July 2006, Canada’s former secretary of state (アジア太平洋地域) David Kilgour and international human rights lawyer David Matas released a report, 「Bloody Harvest,” which investigated allegations that Chinese state institutions were “harvesting organs from live Falun Gong practitioners, killing the practitioners in the process.”

Kilgour and Matas determined it was true.

Former Canadian Secretary of State for Asia-Pacific David Kilgour presents a revised report about continued murder of Falun Gong practitioners in China for their organs, as report co-author lawyer David Matas listens in the background, on Jan. 31, 2007. (大紀元)

Former Canadian Secretary of State for Asia-Pacific David Kilgour presents a report about the murder of Falun Gong practitioners in China for their organs, as report co-author lawyer David Matas listens in the background, on Jan. 31, 2007. (大紀元)

に 2016, Kilgour and Matas, joined by Ethan Gutmann (author of “The Slaughter: 大量殺害, オルガンの収穫, and China’s Secret Solution to Its Dissident Problem” ) released an updated report.

ザ・ 報告する explains that it represents “a meticulous examination of the transplant programs of hundreds of hospitals in China, drawing on media reports, official propaganda, medical journals, hospital websites and a vast amount of deleted websites found in archive.”

The researchers analyzed hospital revenue, bed counts, bed utilization rates, surgical personnel, training programs, state funding and more, and concluded that China performs 60,000 に 100,000 transplants per year—not 10,000 as the regime claims.

The authors determined that most of the organs come from Falun Gong practitioners, with a lesser number from other prisoners of conscience drawn from Tibetans, ウイグル, そして、ハウスキリスト教徒.

Call to Action

Rally at the California State Capitol in Sacramento support of resolution SJR 10, which condemns the Chinese Communist Party for its ongoing persecution of Falun Dafa practitioners, Aug. 31, 2017. (Mark Cao/Epoch Times)

The rally was part celebration that the resolution had passed out of the Judiciary Committee and part encouragement, to help whip up support for the resolution in Senate.

At the heart of Anderson’s resolution were three statements:

Resolved by the Senate and the Assembly of the State of California, jointly, That the Legislature expresses support for Falun Gong practitioners’ 18-year nonviolent resistance against persecution, which exemplifies uncompromising courage and human spirit; and be it further

Resolved, That the Legislature condemns any government-sanctioned persecution of Falun Gong practitioners in the People’s Republic of China or elsewhere; and be it further

Resolved, That the Legislature urges the President and the Congress of the United States to condemn any government-sanctioned persecution of Falun Gong practitioners in the People’s Republic of China or elsewhere;

Joining Senator Anderson in authoring SJR 10 are four State Assembly members—Democrats Adrin Nazarian and Cristina Garcia, and Republicans Randy Voepel and Tom Lackey—making the resolution a bipartisan effort.

Voepel also spoke at the rally, affirming the importance of the resolution and the message it sends to the Chinese regime.

“It makes the vital statement that we stand against oppression—against a regime that wants to control the minds and bodies of its own people,” Voepel said. “Organ harvesting is big money over there—it’s an underground economy.

“That is pure evil in the world, and I will stand up against evil in any way I can.”

Three Falun Gong practitioners who now live in California also spoke, sharing heartbreaking stories of being arrested, brainwashed, and brutally tortured simply because they would not give up their beliefs.

randyvoepel

Resolution co-author Assemblyman Randy Voepel speaks during a rally on Aug. 29, 2017 in Sacramento, in support of Falun Gong practitioners’ peaceful resistance in the face of persecution. (Mark Cao/Epoch Times)

They also described how while in labor camps, only Falun Gong prisoners were given regular blood tests and brief medical exams, which was odd since clearly the regime did not care for the health of prisoners it was torturing. They believed these tests were for the purpose of establishing a living organ bank. One medical researcher compared detained practitioners to lobsters in the tank in a seafood restaurant, ready to be plucked out whenever needed.

David Xu was a financial software engineer in China. His good friend was tortured to death while imprisoned in 2011. In April 2016, Xu feared it was his turn.

Kidnapped from his home, he was taken to a brainwashing center where he endured extreme torture. The most frightening moments for him were when his blood was taken. He was well aware of the regime’s practice of harvesting the organs of Falun Gong practitioners and was terrified for his life. He went on a hunger strike for 18 days before he was released.

Safe in America, he can’t stop worrying about his friends and family back in China. “Even though I escaped, It is hard for me to find peace in my heart because there are still so many Falun Gong practitioners in prison there.”

His story is echoed by Jie Li and Yolanda Yao. Speaking to the crowd, they both shared chilling stories of imprisonment, torture, and mysterious blood tests. They saw fellow practitioners beaten mercilessly, and then saw them disappear.

Yolanda Yao, now a resident of Sunnyvale, had to give up her PhD studies because of the persecution. She was arrested in 2011 and spent two years imprisoned. “Words cannot describe the pain I have felt. I experienced firsthand the brutality of the persecution of Falun Gong practitioners. Those were the darkest moments of my life.”

Imprisoned in the Beijing Women’s Labor Camp, she spoke of being subjected to around-the-clock brainwashing sessions and unrelenting mental and physical torture. Forced to sit in a child’s chair for 10 に 11 hours every day, her legs and feet would swell immensely, resulting in severe bruising and ulceration in her back and hips.

She was also forced to perform to slave labor in summer temperatures surpassing 100 degrees, and was once soaked in pesticide when the 70-pound barrel she was carrying on her back leaked all over her.

The most horrific thing she experienced, しかしながら, were the blood tests she and fellow Falun Gong practitioners were given three times a year. Like Xu, she was aware of the forced organ harvesting, and was certain that their blood was being tested to evaluate them as potential candidates.

Although she is safe in California, her heart is still in China with her elderly parents who are both imprisoned for their beliefs. “The suffering and torment I experienced in the labor camp still haunts me to this day. It horrifies me to know that my parents are suffering the same fate.”

Her only solace is the hope that through international pressure and individual actions they will be released. She ended her speech with a plea:

“I humbly ask for your help in raising public awareness of this brutal persecution and hope that together we can bring an end to 18 years of harassment, torture, killing, and most heinous of all, forced organ harvesting of Falun Gong practitioners.”

State Assembly Member Tom Lackey shares his hope that the people of California will stand together and oppose these crimes. “That you have a government that would actually approve such a hurtful and wicked practice is just unimaginable. These people have no control—those of us who do need to speak very loudly so we can influence the government and pressure them to change this policy so that lives can be saved.”

Additional reporting by Stephen Gregory

ここに記事全文を読みます

New Balance shoes at the New York Fashion Week on July 16, 2015. (Kena Betancur/AFP/Getty Images)New Balance shoes at the New York Fashion Week on July 16, 2015. (Kena Betancur/AFP/Getty Images)

A Chinese court recently awarded New Balance over 10 万元 ($1.5 百万) for trademark infringement, one of the highest compensations for such a violation granted to foreign companies.

The Intermediate People’s Court of Suzhou, a major coastal city in southeastern Jiangsu Province, ruled the three defendants—Zheng Chaosong, Xinpingheng (a Chinese translation of New Balance) Sporting Goods, and Bosidake Trading company—violated New Balance’s trademark by copying its iconic sloping “N” logo.

The court said the trio that made shoes under the brand New Boom had shown a “malice by free-riding,” which led to “confusion by a large number of consumers,” according to a copy of the ruling obtained by The New York Times. The ruling has not been made public at press time.

The ruling came just three days after President Trump initiated a probe into China’s alleged intellectual property theft. The IP Commission Report 見積り that Chinese counterfeit goods cost the U.S. $600 billion annually.

New Balance might also have benefited from China’s new trademark law implemented on May 1, 2014, which increased the upper limit of trademark infringement awards from $75,000 に $450,000.

New Balance’s battle for protecting its trademark rights in China has been a lengthy and difficult one.

Founded in 1906 in Boston, a city known for one of the world’s oldest annual marathon events, New Balance is one of the top foot gear manufacturers.

New Balance made its first entry into Chinese markets in 1995 under the transliteration Niu Balun, and has since fought with several Chinese manufacturers and a shoe supplier that exploited its brand by selling its shoes at dirt cheap prices.

Unlike many Western countries, China awards trademarks by the order companies file them. に 2012, Apple was made to pay $60 million to a local competitor that registered the trademark iPad.

に 2013, New Balance lost its dispute with Chinese shoemaker Xin Bailun, which claimed to have registered in June, 2004, two years before New Balance started promoting the same brand name. New Balance appealed, and lost again in June 2016, and was ordered to pay the Chinese company 5 万元 (周りに $750,000).

The recent court ruling marked an unprecedented victory for New Balance and other western brands that tried to compete with their Chinese rivals in a market troubled with piracy and inadequate brand protection.

昨年, the legendary basketball star Michael Jordan prevailed in a 5-year dispute over a local sportswear company that used his name. Under Armour, meanwhile, won a $15 million lawsuit this past June against Chinese company Uncle Martin, which directly copied its logo and sneaker design.

“For every big brand that is infringed in China, there are many, many less famous brands that are victims of this situation,” Paolo Beconcini, an experienced consultant on Chinese intellectual property cases at law firm Squire Patton, told BBC in an interview.

“It sends a strong and powerful message that should make it easier for foreign brands doing business here,” Carol Wang, a lawyer at Lusheng Law Firm told ロイター on behalf of New Balance.

中国, the second largest market for sports gear, has seen a growing interest in jogging and fitness activities. New Balance occupied about 1.8 percent of Chinese shoe market in 2016, as compared to 7 percent for Adidas and 7.8 percent for Nike, according to Euromonitor.

ここに記事全文を読みます
  • タグ:,
  • 著者: <a href="http://www.theepochtimes.com/n3/author/eva-fu/" rel="author">エヴァ福</A>, <a href="http://www.theepochtimes.com/" title="Epoch Times" rel="publisher">大紀元</A>
  • カテゴリー: 一般的な

The Qiaodan brand logo is displayed at a Qiaodan store in Hangzhou in China's Zhejiang province on December 8, 2016.(STR / AFP /ゲッティイメージズ)The Qiaodan brand logo is displayed at a Qiaodan store in Hangzhou in China's Zhejiang province on December 8, 2016.(STR / AFP /ゲッティイメージズ)

Basketball icon Michael Jordan’s legal battle with Chinese sporting goods brand Qiaodan Sports Company looks to be far from over even after winning a lawsuit against them late last year.

That lawsuit, decided by China’s highest court after several lower courts ruled against Jordan, established Jordan’s ownership of the legal rights to the Chinese transliteration of his name.

In July, しかしながら, Qiaodan filed a lawsuit against Jordan and Fangda Partners, the law firm representing him in China, claiming an infringement of reputation. According to China News Service, the company is demanding compensation of 1.1 万元 ($160 thousand) for the “malicious slander” and damage to its reputation caused by a letter sent by Fangda to the organizers of the 13th National Games of China. Qiaodan claimed that the letter had twisted content from the Supreme People’s Court’s (SPC) decision in an attempt to stop the organizers from working with the sportswear company.

Qiaodan also demanded a retraction of the letter along with a public apology.

Qiaodan’s lawyer, Chen Ruojian, said that the company “has had to undertake much effort to maintain its business relationship with its partners after Jordan and his lawyers made this attack.”

Jordan maintained in the previous lawsuit, which lasted four years, that the use of his name was misleading Chinese consumers into believing that he was affiliated with the brand.

In a statement released after the December ruling, 彼は言った, 「Chinese consumers deserve to know that Qiaodan Sports and its products have no connection to me.”

The ruling by the SPC was one rarely seen in a legal system infamous for favoring Chinese companies in intellectual property rights cases involving foreign companies. In May of 2016, Apple lost a trademark case against a Chinese leather goods company that uses the iPhone name for its products. Footwear company New Balance was forced to pay $16 million after a court ruled that they had violated the trademark rights of a Chinese individual who owned the Chinese version of the company’s name. Other Western companies and celebrities such as Starbucks, Tesla, そして、米. President Donald Trump have also encountered legal battles in the past over the right to use their name in China.

ここに記事全文を読みます

法輪功学習者の何百も7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)法輪功学習者の何百も7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪大法の専門家の何百もの練習の中国の共産主義政権の迫害の犠牲者を覚えておくリンカーン記念館の前で徹夜を保有としてWASHINGTON-数多くcandlelightsは暗闇の中で点滅しました.

法輪大法の伝統的な中国の精神的な規律, また、法輪功として知られています, 最初に中国で導入されました 1992. 多くの中国人は、その物理的な利点と真実性の原則に根ざした道徳哲学のために実際に魅了されました, 同情, そして、寛容. これは、7月から迫害されてきました 1999 それは旧共産指導者の目にはあまりにも人気となった後に, 除去すべきことを命じた者.

女性は法輪功学習者が月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催合流します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

女性は7月にワシントンでリンカーン記念館のろうそく集会での法輪功学習者を参加します 20, 2017, 中国の政権は18年前に迫害を開始しましたので、失われた命を尊重します. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

それ以来, 実務家の数十万人は刑務所に投げ込まれてきました, 強制労働収容所, 彼らは自分の信念を放棄に物理的および心理的な拷問によって強要され、洗脳センター. 法輪功学習者の大きいが、不特定多数にも、中国の有利な移植業界に燃料を供給するために彼らの臓器のために殺害されています, による レポート.

法輪大法の専門家は、ワシントンD.Cに集まっ. 7月に 20 一連のイベントのために, ラリーを含みます, パレード, そして、ろうそく集会, 過去18年間で失われた命を尊重します.

プージャMorのは、7月にワシントンでプールを反映リンカーン記念館の周りのろうそく集会中に法輪功学習者を参加します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

プージャMorの, ファッションモデル, 7月にワシントンでプールを反映リンカーン記念館の周りのろうそく集会中に法輪功学習者を参加します 20, 2017, 中国の政権は18年前に迫害を開始しましたので、失われた命を尊重します. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

プージャMorの, 25歳のインドのファッションモデル, 彼女のサポートを示すためにDCの日のイベントに参加しました. インドで彼女の代理人は彼女にそれを導入した後、MORは2年半前、法輪大法を練習し始めました.

「私は私の人生で起こった間違ったすべてのために人々を非難するために使用する前に. 法輪大法を学習した後, 私は中を見始めました,」Morのは言います. 「代わりに他の人と障害を見つけます, 私が最初に私が欠けてる場所を確認して見てください。」

法輪大法開業医ヤンGuangyu, 米国に来た北京のネイティブ 2009, 前記, 「法輪大法の専門家は、単に自分自身を育成したいです, 道徳的価値観を促進します, そして自分の健康を向上させます。」ヤンは後半に拘束されました 2001 平和的に北京の天安門広場で法輪大法を守るための刑務所以降の強制労働収容所で, 中国の抗議の人気サイト.

ろうそく集会で渡された多くの観光客や観光客が中国で発生した人権侵害で彼らの同情とショックを表明しました.

「私はトラブルこのような何かが中国で迫害されるだろう、なぜ理解しています,」キャサリン・ラモス言い, ニュージャージー州からの観光客.

リン・デパルマ, ラモスとあった人, 前記, 「それは共産主義の国です, それは、閉鎖社会です. そして、多くのことに行くこと, 世界は、人々がこのような何かをし、世界の注目にそれを持っていない限り知りません。」

「それは残虐行為です, そしてそれが起こってすべきではありません,」デパルマ追加しました. 「それは不道徳です. それは虐待です。」

馬Cunxia, 中国東北部での長春市から法輪功開業医, 米に呼びかけ. 政府はより強固な立場を取ります. 「私は政府を願っています, 特に、トランプの管理, この18年の長い迫害の終わりのための人権と信念とコールの自由のアメリカの建国の値に基づいて行動することができます。」

エバ・フこのレポートに貢献しました.

法輪功学習者の何百も7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者は、7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催します 20, 2017, 中国の政権は18年前に迫害を開始しましたので、失われた命を尊重します. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

女性は法輪功学習者が月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催合流します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

女性は7月にワシントンでリンカーン記念館のろうそく集会で、法輪功学習者を参加します 20, 2017, 中国の政権は18年前に迫害を開始しましたので、失われた命を尊重します. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百も7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者は、7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催します 20, 2017, 中国の政権は18年前に迫害を開始しましたので、失われた命を尊重します. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

女性は法輪功学習者が月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催合流します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

女性は7月にワシントンでリンカーン記念館のろうそく集会で、法輪功学習者を参加します 20, 2017, 中国の政権は18年前に迫害を開始しましたので、失われた命を尊重します. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百も7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者は、7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催します 20, 2017, 中国の政権は18年前に迫害を開始しましたので、失われた命を尊重します. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

小さな男の子は、法輪功学習者は、7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催合流します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

小さな男の子は、7月にワシントンでリンカーン記念館のろうそく集会で、法輪功学習者を参加します 20, 2017, 中国の政権は18年前に迫害を開始しましたので、失われた命を尊重します. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百も7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者は、7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催します 20, 2017, 中国の政権は18年前に迫害を開始しましたので、失われた命を尊重します. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

女性は法輪功学習者が月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催合流します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

女性は7月にワシントンでリンカーン記念館のろうそく集会で、法輪功学習者を参加します 20, 2017, 中国の政権は18年前に迫害を開始しましたので、失われた命を尊重します. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百も7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者は、7月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催します 20, 2017, 中国の政権は18年前に迫害を開始しましたので、失われた命を尊重します. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

女性は法輪功学習者が月にワシントンでリンカーン記念でろうそく集会を開催合流します 20, 2017, 中国の政権は7月に開始したことを中国で迫害中に死亡した人を表彰します 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

女性は7月にワシントンでリンカーン記念館のろうそく集会で、法輪功学習者を参加します 20, 2017, 中国の政権は18年前に迫害を開始しましたので、失われた命を尊重します. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

ここに記事全文を読みます

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ラリー・ダイ /大紀元)法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ラリー・ダイ /大紀元)

ワシントンで7月の昼下がり 20, オーバー 1,000 法輪功の精神的な規律の実践者やサポーターが抗議にパレードを開催しました 18 中国の共産主義政権によって致命的弾圧の年. パレードの来場者, 主に法輪功の署名黄色のTシャツを着て, キャピトルヒルからワシントンのダウンタウンを行進, D.C.. リンカーン記念館へ.

今年のイベントもキャピトルヒルでの集会やワシントン記念塔の前にろうそく集会を含ま.

法輪功, 真実性の原則の瞑想の練習のセットと栽培を教え精神的な練習, 同情, そして、寛容, 7月に迫害のためにマークされました 20, 1999, 当時の中国共産党の指導者ジャン・ゼミンによって. それ以来, 中国当局は、練習に対する排除の暴力的なキャンペーンを追求してきました.

「中国の政権の迫害は完全に不合理と暴力的となっています. 私たちは、平和的に請願します. 私たちは何の武器を運びません. 我々は唯一の種類の意図を持っています. しかし、私たちが直面しているものを警察があります, パトカー, 武装警官. あなたは恐ろしい敵であるかのように武装警察があなたに直面します,「サイード劉Zhaohe, 今年3月に米国に北京から来た64歳の哲学教授.

 劉Zhaohe, かつての哲学教授, そして彼の妻王Luruiは7月にワシントンD.Cで法輪功のパレードに参加します 20, 2017. (アイリーン・ルオ /大紀元)

劉Zhaohe, かつての哲学教授, そして彼の妻王Luruiは7月にワシントンD.Cで法輪功のパレードに参加します 20, 2017. (アイリーン・ルオ /大紀元)

彼の妻, 60-歳の王Lurui, 逮捕されました 11 公共の場で法輪功のバナーを我慢し、瞑想しながら回, 彼女は天安門広場に行ったときに、いくつかの場面を含みます. 彼女はまた、北京の病院の管理者として彼女の位置から解雇されました.

「ここに来るので、, 私たちは非暴力を続けます, 誰もが法輪大法が良いとその真実であることを知っているように、合理的迫害に反対, 同情, そして、寛容は、普遍的な道徳的な原則があります,」王は言いました.

法輪功の支持者、中国と海外の何百万人は意識を高め、迫害に対抗する平和的手段の様々なを使用していました, 時々大きな人的リスクで. 人権研究者は、中国当局は実務家の何百万人を拘留していると推定します, そして数十万人が強制労働収容所と洗脳センターで開催されていること.

から 2006, 調査は、法輪功の支持者の大多数が、まだ不確定が実行され、その臓器が中国全土国家と軍事ラン病院で採取していたことを明らかにしました.

リ・ジアンアイング, 太原から中年の女性, 山西省, 中国を脱出するために駆動されました 2015 誰かが警察に法輪功の彼女の実践を報告したとき、. 彼女は今、ミドルタウンに住んでいます, ニューヨーク州北部, そしてボランティアとして地域社会で法輪功についての意識を高め. 彼女の79歳の母親, また、開業医, 中国にまだあります.

「私は再び彼女を見たいです, しかし、私は戻って行くことができません,「李は言いました. 「あなたは戻って、彼らは空港であなたを逮捕します。」

毎年, 日米での法輪功学習者. そして世界中の迫害の周年を記念して記念イベントを開催.

パレード中、, 専門家は裁判にかけなければジャン・ゼミン迫害やライブ臓器収穫との終了を求めるバナーを実施しました. 法輪功学習者で構成される軍事スタイルのマーチングバンドはに参加しました. その他の行進は迫害に殺された人たちの写真を開催しました.

通行人は、グループに対する暴力を学ぶためにショックを受けました。.

ウィルナ・ラポート, 誰がワシントンで働きます, D.C.. 公共防衛サービス, 穏やかに描かれました, 中国の伝統的な音楽を.

ウィルナ・ラポート. (エヴァカンフー/大紀元)

ウィルナ・ラポート. (エヴァカンフー/大紀元)

「私は、これが起こっていると信じてすることはできません,」彼女は、中国の臓器移植の業界の話を聞いた後、涙の間で言いました, 多額の法輪功学習者を対象としていました. 「人命が商品化されなければならない理由は、既に中国から商品化されていることはあまりがあるとき、私は表示されません。」

「人々は、さまざまな国で何が起こっているかを認識して行う必要があります, だけでなく、ここに,」シンシア・シムズ言いました, 誰教育管理者として働きます.

"多くの時間, 他の人が通過し、彼らが日常的に上に対処するために何を持っている私たちにはわかりません。」

劉Zhaohe, 北京から元教授, 中国当局は、「すべての独立した思考を迫害することを言いました, 独立した信念。」

彼が追加した: 「信念のない自由はありません, 言論の自由. これは、中国の政権によって行わ最も不道徳なものです. 彼らはただあなたを物理的に破壊しません, だけでなく、精神的にあなたを破壊, 「変換」することを強制あなたがあなた自身の考えを持っていないので、彼らは自分の考えを抑圧。」

エヴァ福とアイリーン・ルオで報告して.

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ラリー・ダイ /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ラリー・ダイ /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ラリー・ダイ /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ラリー・ダイ /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

法輪功学習者の何百ものワシントンD.Cでパレードで行進します. 7月に 20, 2017. パレードは7月に開始した中国での残酷な迫害の終結を呼びかけています 20, 1999. (ベンジャミン・チャスティーン /大紀元)

ここに記事全文を読みます

Tianlangxing, 中国人民解放軍海軍の種類 815 Dongdiaoクラスの補助一般知能船, 7月に日本の沖津軽海峡を通過 2, 米の7月11日のテスト中にアラスカ沖に滞在し、. ミサイル防衛システム. (防衛の礼儀環境省)Tianlangxing, 中国人民解放軍海軍の種類 815 Dongdiaoクラスの補助一般知能船, 7月に日本の沖津軽海峡を通過 2, 米の7月11日のテスト中にアラスカ沖に滞在し、. ミサイル防衛システム. (防衛の礼儀環境省)

最近のミサイル防衛テスト中にアラスカ沖の公海を出航した中国の工作船が北のコマンドの面積の責任で前に見たことがなかったクラスでした, 広報担当者は金曜日に言い.

これは、以来、地域で最初の中国軍の容器でした 2015 中国の「表面のアクション・グループは、」を通じて遷移するとき, マイケル・クチャレック言いました, 北アメリカ航空宇宙防衛司令部の広報担当者 (NORAD) そして、米. 北のコマンド.

Kucharekは船が地域に何をしていたかのよう推測ではないでしょう, しかし、それはそれは自由航行の権利を持っていた公海にいた何度か言及.

事件に精通軍事ソースによって報告されるように、それは同じ船だったエポック・タイムズに語りました 7月4日にディプロマット, 中国人民解放軍海軍の種類 815 Dongdiaoクラスの補助一般知能 (AGI) 容器.

中国の国営メディア, 英語中国日報, 人民解放軍からの報告に基づいて記事に月に船に報告 (PLA) ニュースのアウトレット. 報告書では、新たに委託船に焦点を当て, Kaiyangxing.

ミサイル発射のために存在していた船がTianlangxingました, 7月に日本の沖津軽海峡を通過しました 2, 日本人によると 防衛省.

中国日報が引用PLA報告書によると、, 海軍は現在、6隻の電子偵察船を運営します. 報告書はまた、そのような彼らの能力と機能として出荷に関する具体的な情報を与えました.

"今まで, 海軍は、その情報収集船に関する公開それほど多くの詳細を作ったことがありません,」報告書は述べて.

新発売のKaiyangxingは全天候を行うことができました, 複数の異なるターゲットのラウンドクロックの偵察,」中国日報が報じました.

「船はとても洗練されている唯一のいくつかの国, 米国やロシアなど, それを開発することができます,」それは続けました.

中国日報は、米国が持っていたことを言って造船業界で無名のソースを引用しました 15 こうした船.

Tianlangxingはまもなく7月前にアラスカ沖で到着しました 11 THAADミサイルのテスト (THAAD) 中距離弾道ミサイルに対してシステム.

アメリカミサイル防衛局の広報担当者は、システムがこれまでに対してテストされてきた最速の対象となった大紀元に語りました.

船は約とどまりました 100 アラスカ沖マイル.

THAADシステムは、中間から保護するために設計されています- 短距離弾道ミサイル, 北朝鮮が日本と韓国に対して起動するために集めと脅しているもののよう.

中国は北朝鮮の最も近い同盟国と主要な貿易相手国であります, 占めて 75 北朝鮮の輸入と輸出の割合.

中国の与党共産党, 北朝鮮政権に近い派閥を持っています, 今、部分的に韓国に配備されているTHAADシステムを非難しました.

いえば 国連安全保障理事会の緊急会議 7月に 5, 北朝鮮は成功した専門家がアラスカに達する可能性があると言う大陸間弾道ミサイルをテストした一日を過ごした後, 両方のシステムのために呼ばれ、中国とロシアの代表が解体されます.

ここに記事全文を読みます

中国の警官は国からの政治家ボー・ザイライの解雇強力な政治局後の中国の共産党のための中央本部として機能する中南海の外に写真を撮っていない頼みます, 4月に北京で 11, 2012. (マーク・ラルストン / AFP /ゲッティイメージズ)中国の警官は国からの政治家ボー・ザイライの解雇強力な政治局後の中国の共産党のための中央本部として機能する中南海の外に写真を撮っていない頼みます, 4月に北京で 11, 2012. (マーク・ラルストン / AFP /ゲッティイメージズ)

中国の政権の絶え間ない恐怖にもかかわらず、米. 政策立案者は、長い間、中国の米国主導の「政権交代」をプロットされています, オバマ政権下のシニア元職員はどのような計画やリモートでのアイデアに関連付けられているにも何らかの議論がなかったと述べました. この啓示は、中国の政権の偏執的性質にさらに光を当てます, しかし、そうも、このような米を推進するオバマ政権のコミットメントに関する疑問を提起. こうした世界最大の独裁国家における民主主義と自由の原則として、.

エヴァン・メデイロス, 誰から6年間務めました 2009 に 2015 上級中国の専門家として、オバマ政権で, 出席 木曜日パネル 戦略のためのセンターで & 国際研究は、アメリカと中国のシンクタンクや学者によって発表された最新米国・中国関係の報告書に自分の考えを議論します.

メデイロスは、米国-画策「政権交代」の恐怖は何十年もの間、米国に向けた中国の政権の認識の最も決定的な特徴の一つとなっていることを言いました, そして、そのような恐怖はまだ今日も米国と中国の関係についての中国の政権の思考を支配していること. オバマ大統領のホワイトハウスのために、米国と中国の政策を操縦経験の彼の6年間に基づいて言えば, しかしながら, メデイロスは、オバマ氏と中国の政権交代の可能性に関する政府高官の間で任意の議論がなかったことを証明しました.

メデイロスによると、, オバマ大統領のでもない「とは、単一の会話がない」がありました, バイデン副大統領, や国家安全保障顧問は、中国の政治システムに関するすべての問題を提起し、アメリカの国家安全保障への潜在的な脅威. カーテンの後ろ, ましてや意図はありませんオバマ政権は、中国の政権の独裁への変更を試みました. 「一度もありません, いなくてもリモートから近いです,」メデイロスは言いました.

バラク・オバマ大統領は、ランチョミラージュSunnylandsでアネンバーグリトリートでの中国の指導者クシー・ジンピングとの二国間会議中に話します, カリフォルニア州。, 6月に 7, 2013. (ジュエル・サマ / AFP /ゲッティイメージズ)

バラク・オバマ大統領は、ランチョミラージュSunnylandsでアネンバーグリトリートでの中国の指導者クシー・ジンピングとの二国間会議中に話します, カリフォルニア州。, 6月に 7, 2013. (ジュエル・サマ / AFP /ゲッティイメージズ)

エバン・メデイロスオバマ政権の間に、ホワイトハウスの中で最もプロの中国の政策立案者の間であるとして多くの人に見なされていました. ビル・ガーツによると、, オバマ政権の対中政策の保守的な評論家, エバン・メデイロス中国軍が米国の利益にほとんど、あるいは全く脅威を与えることを掲示彼のホワイトハウス前の学術著作で書かれていました, 北京の方針は、一般的に良性であること.

木曜日のメデイロスの発言そうなオバマ政権が中国の政権に影響を与えるには十分をしなかったにも日米の基本的な主張する保守派と多くの人権活動家の間で長年の批判をサポートするために、追加の証拠を提供します. こうした民主主義と自由の原則として、.

中国の独裁政権は、アメリカの国家安全保障に脅威を与えていないオバマ政権の信念は熱く多くの人によって争われました. ピーター・ナヴァロ, 今国家取引協議会の会長トランプのディレクターとして役立つ経済学の元教授は、中国の共産党政権とその膨脹外交政策が日米への直接の脅威となることを彼の見解で知られています. 国益と国家安全保障.

オバマ政権は、中国の政治システムを変更するには関心を示さなかったが、, エバン・メデイロスそれはまだ中国の人権についての質問や懸念」に注目したと主張しました, [政権] 政治的自由の弾圧。」

先週, 中国の議会、執行委員会 (CECC) 開催 公聴会 中国の人権侵害について, で議員クリス・スミス, 誰もCECCの会長であります, 中国の人権問題を促進する努力のオバマ政権の欠如を批判してオバマ大統領の中国政策を非難「隠れ家の8年。」議会によって義務付けられCECCは、中国の人権侵害をしっかり行動を取るためにオバマ政権との「嘆願」されていました無駄に, クリス・スミス言います.

ここに記事全文を読みます

7月の大紀元の中国版のホームページ 6. (スクリーンショット/大紀元)7月の大紀元の中国版のホームページ 6. (スクリーンショット/大紀元)

新しい研究は示唆している大紀元の大規模なサイバー攻撃のシリーズ, 1月に開始し、現在まで続きます, 協調キャンペーンの一部であります.

トロント大学のCitizenLabが公開 報告する 7月に 5, サイバー攻撃を詳細に説明し、いくつかの中国語ニュースサイトを同時に標的とされたことを指摘しています, 明らかに、ハッカーの同じグループによる, そして、同じ方法論を使用して.

大紀元はない中国共産党の制御下で最大の中国語ニュースのコンセントを実行します, 頻繁な法輪功の迫害として、中国で禁止話題の記事を出版. 大紀元はエポック・メディア・グループの一部であります, そして、その姉妹メディア, 新唐人電視台 (NTD), また同時に、サイバー攻撃に見舞われました.

ハッカーは、ターゲットのWebサイトを侵害し、無効にする彼らの試みで、いくつかの措置を講じ. 彼らは、公式ウェブサイトの鏡像を作成しました, インターネットURLでそれはオリジナルとわずかに異なっていました. 誰かが意図したウェブサイトのアドレスのスペルを間違えした場合, 彼らは代わりに偽のサイトに向けることができ, その後、ハッカーが盗むしようとしていたユーザーのログイン資格情報-情報を求めることになります.

同時に, ハッカーは、サービスの大規模分散拒否のシリーズを発売しました (DDoS攻撃) メインのウェブサイトに対するサイバー攻撃, ウェブサイトをオーバーロードしてオフラインでそれらを強制しようとしています. また、コンピュータや個々の記者のソーシャルメディアのアカウントを侵害しようとした多くの個人攻撃が含まれて.

ロナルド・デイバート, 市民ラボのディレクター, で書きました ブログ記事 その目標の全ては「中国政府の重要なコンテンツを公開するニュースサイトでした,」公式の国家機関への攻撃を属性することも困難です. Deibertは、「このキャンペーンの背後にある事業者は「hire'、典型的なサイバースパイ活動の多くは中国に外部委託される方法のためのハッカーです可能です。」指摘しました

大紀元は、中国の政権によって頻繁に標的にされます, 及び方法は、サイバー攻撃が含まれています, 物理的な攻撃, そして、脅威. 過去の攻撃のいくつかは、中国共産党の臓器に大紀元により起因しています.

3月, サイバー攻撃は、強度と頻度が増加したとき、, スティーブン・グレゴリー, 大紀元の英語版の出版社, 注意 彼らは「大紀元は共産党に新しいシリーズを公開し始めたちょうどその時始めました。」

ここに記事全文を読みます

**

一般的に冷戦時に使用される用語は再びロシアがに干渉しようとしたという申し立ての中で浮上しています 2016 米国. 選挙. これらの単語やフレーズ, すべての最近の歴史の中で忘れ去られました, 「積極的な措置を含めます,影響力の」「エージェント,」と「偽,」彼らは、国民の認識を変え、政治的な意思決定に影響を与えることを意図キャンペーンに関連付けられています.

ロシアの疑惑キャンペーンが米に影響を与えるようにすることを証明するために闘争してきたが. 大統領選挙はどんな効果がありました, 影響力のこれらの戦略は、実際には現在、米国のみに対して頻繁に使用されています, ほとんどがないロシアで行われています, しかし、中国共産党によって (CCP).

これらのシステムのすべては、政治的な戦争」として知られている傘の戦略の下に落ちます,」と中国の政権は、少なくとも全体の軍種を有し、2本の政治の枝, 同様に、情報制御のための大規模システム, 大規模にその目的を遂行するために.

「私たちも、この挑戦​​を取るために自分自身を調整するために開始していません,」リチャード・フィッシャー言いました, 国際評価と戦略センターとアジアの軍事上のシニアフェロー.

「任意の政治活動は、独裁政権によって行われています, その中核に, 自由の破壊に専念しています, 西洋の安全の臓器の幅広い関心を保証," 彼は言った.

政治戦争は、私たちが正常に軍事目標としては考えられないだろう多くのものを対象と戦闘のユニークなシステムです, 私たちのほとんどは武器として考えていないだろうシステムを使用して.

「政治戦は感情に影響を与えるように努めます, 動機, 客観的推論, および外国政府の行動, 団体, グループ, そして自分自身の政治的・軍事的な目的に有利な方法で、個人,」と述べ 2013 報告する 政治や安全保障のシンクタンクプロジェクトからCCPの政治戦争操作の 2049 学院.

戦争のこの形式は、世論や政治方針を変更することができます任意の数の方法を含むことができ、. それは、政治やビジネス界で影響力笑って握手の剤の形態を取ることができます; 日付に送信されたか、外国人政策立案者や思想的指導者と結婚している美しい女性スパイ; エージェントが対象業界に影響力を発揮することができるように、金融取引; または教授やタンクの従業員がフレンドリー招待が中国で話すようになって考えます, 彼らは世界を考えることにwooedされている場合CCPについて間違っています.

でも民間人が標的にされています. キャンペーンは、海外のニュースサイトで実行するCCPの宣伝のために支払う含ま, そのようなウォールストリートジャーナル、ワシントン・ポストなどのアメリカの新聞発行の「中国・ウォッチ」の挿入など.

これらの手段を通じて、, CCPの政治戦争システムは、その政策上の外国人の意見を変えることを目指し, その独裁の新しい解釈を捨てます, またはその利益を進めるために外交政策に影響を与えます.

「良い警官/悪い警官のオーケストレーションのキャンペーンで, 中国当局は、米に直接行っています. 世論, 文字通り戦争を脅かしながら協力とパートナーシップの感傷的な気持ちにアピールしようとしています,」プロジェクトを述べて 2049 報告する, Jからの報告を引用. 世界政治研究所のマイケル・ウォーラー.

「操作は5つのレベルを目指しています: 大規模でアメリカ国民, 公共および意思決定者に影響を与えるジャーナリスト, ビジネスエリート, 会議, 大統領と彼の側近と,」それは述べて.

目に見えない戦争

CCPは重く政争に焦点を当てたいくつかの部門を持っています. これらは、その軍の総政治部が含まれます, だけでなく、その宣伝部, 統一戦線部門, そして華僑事務.

フィッシャーによると、, しかしながら, その操作は、単にこれらの部門に限定されるものではありません, そして「それら-この間に大規模な重複があるかもしれないことは中国の活発な対策の努力では珍しいことではありません。」

「中国では, 知性が層状であります,」フィッシャーは言いました. ほぼすべてのレベルでの政権の諜報部門, いずれの都市で, 「独立した国際的な操作を実行するために承認することができます。」

彼はまた、政治的な戦争のオペレーションフォーカスにformlessnessがゴール存在していることに注意しました, ない方法.

「優先度のノー与えられたため、, 彼らは政治的な目標を損なう含めることができます, 政治的目標を入隊, そして、中傷, 政治的目標の評判を傷つけます. また、短期的または洗練された長期的な宣伝を含めることができます, または指向情報キャンペーン," 彼は言った, 他の多くのものの間でこれを追加します, 政争は、情報を変更したり虚偽の情報を製造含み.

政治戦争は異なる体制の下で異なる名前を持っています. 中国の政権の辞書には「リエゾンの仕事としてそれを参照します,」プロジェクトに応じて 2049, ソ連はそれと呼ばれる一方で、「積極的。」

また、不正規戦の他の多くの形態と重複します. その主な成分の中で心理戦であります, 戦うために相手の意思に影響を与えるために使用されます, または事象の解釈を変更するには. 例では、ベトナム戦争を終了することを目的に、米国で人気の意見を与えソ連の宣伝になります.

CCPの軍事下の心理戦は、「心理学の雇用であります, 宣伝などの手段を通じて, 相手の軍と民間の民衆の意志をSAPに, だけでなく、同じことを行うには、相手の努力に対抗するには,「アメリカディーン・チェン, で 2012 報告する 特殊作戦で, アメリカ. 陸軍特殊作戦掲示板.

CCPの下で, これらの同じ戦略は軍事戦略に直接雇用されています. 共産主義政権の「三Warfares」という概念は、心理戦を使用しています, メディア戦 (プロパガンダを広めるために), そして法的戦 (法的システムを操作します), によります 2015 報告する 私たちから. 特殊作戦コマンド.

これは、CCPの下にあることを指摘します, 「メディア戦争は、軍事行動のためのサポートを構築し、中国の利益に反する行動から敵を説得するために、国内および国際的な世論に影響を与えるように努めます,」法的な戦争は一方で、 『法律上の高台を主張したり、中国の利益を主張し、国際と国内法を使用しています。』

破壊的運動

CCPの政争事業の目標, そして、そのエージェントの選択の, 文脈で検討する必要があります.

目に見える実施, 「あからさまな,」技術的に法的な諜報活動は、影響力の外国剤の使用を必要とします, 一般的に政権のイデオロギーに海外に住んで政権の市民のディアスポラからか、信者から募集をしている者.

政治的な戦争の主犯は、ソ連の下でロシアにするために使用しました. これらの操作のための主なツールは、外国人の社会・ジャーナリストでそのイデオロギーのサポーターでした, 教授, そして、活動家コミュニティの主催者, 例えば.

それはイデオロギーのsubversionを介してこれらの多くの場合、非公式「影響力の薬」を募集しました, その共産主義の教義の信者に変換します. フィッシャーはその「によると、大きな言いました, ソ連の地上部隊は、イデオロギー的に傾斜しました,」ソ連は、世界中の主要な民族のコミュニティを持っていなかったので、彼らは時に呼び出すことができます.

これは、今日のロシアの政治戦争操作とは異なり, 比較的範囲が限定されています. その支持者は、一般的に地域・ロックされています, 東ヨーロッパ諸国で, そして、だけ民族のロシア社会の中で.

さらに海外での政争の操作のほとんど, 米国のような, より公式スパイの小さな数字で行われています, および電子的手段-なオンライン国営メディアなどを通じて, ソーシャルメディアの投稿, そして、サイバー攻撃.

CCP, しかしながら, その民族のディアスポラとそのイデオロギーの支持者の両方からエージェントを維持, ソ連は冷戦中に持っていたものに近いレベルで. 主な違い, フィッシャーによると, 彼らは達成することを目指しているものと、彼らは自分の目標を達成するために取っているどのような手順であります.

によると、 2013 報告する 外交問題評議会から, 米国は、このような操作を実行し、対抗するために使用しました, しかし「米. 政府は、冷戦の終結以来、政治的な戦争を繰り広げての習慣の外に得ています。」

長期的目標

CCPの政治戦争システムは、かつてのCCPのリーダージャン・ゼミン率いる派閥の影響下にまだあります, 誰が正式から党を支配しました 1989 に 2002. 江沢民の派閥はまだ宣伝やなどいくつかの重要政権-な臓器の上に揺れているセキュリティおよび現在のリーダーを入れています, 習近平, 生と死の闘争で.

江のシステムの目的は、過去の政治戦争システムからいくつかの点で異なります. ソ連の政治戦争操作, 例えば, 共産主義革命を助長するために、不安定化、外国の社会でより直接的目指しました, そしてそれによって、その政治的、イデオロギー的なモデルをエクスポート.

CCPの政争の目標, しかしながら, 単純ではありません, そして、フィッシャーによると, 彼らは二段階で遊んでいるように見えます.

第一段階, 彼は言った, グローバルCCPの政治と経済力を成長させることです, そして「概念を促進し、中国の台頭の必然の世界のほとんどを説得する。」に共産主義政権は、この段階を継続していきます, 彼は言った, として米国を変位できるようになるまで、「世界中の中央政治的、戦略的な権威。」

それは、その目標を達成することができた場合, それは、ガバナンスのその権威「中国モデル」の輸出の第二段階に移動します. フィッシャーはこの段階で言いました, その操作は、「「アクティブな対策のソ連の方法に非常に近いだろう,」外出や中国モデル攻撃を防御し、中国の位置にすべての反対を敗北を意味することになります。」

ここに記事全文を読みます

15220086_587481194786303_6011597163027712910_n-115220086_587481194786303_6011597163027712910_n-1

ワシントン・中国での法輪功学習者の大量の強制臓器収穫の証拠は、マウントに続きます.

昨年, 2つのレポートは、この残虐行為の規模と方法の私達の絵を拡大している出版されました. 「ブラッディ収穫/スローター-更新」研究者デビッド・マタスによって, デビッド・キルガー, そしてイーサン・ガットマン 6月にリリースされました 22 ワシントンで, D.C.. このレポートでは、中国の病院で行われている臓器移植の膨大な数の詳細な証拠を示しています. これは、病院の収入を分析しました, ベッド数と稼働率, 手術関係者や他のデータとは、中国が行っているという結論に達しました 60,000 に 100,000 年間の移植, これまでの中国政府の主張を超えます 10,000 1年当たり.

他のレポート, 中国でのライブオルガン収穫の犯罪の「概要レポート,」世界機関が法輪功の迫害を調査します (WOIPFG), 8月に発表されました. これは、臓器の収穫は、中国政府のトップレベルから画策していることを豊富な証拠を提供し、ちょうどいくつかの不正な病院や非倫理的な外科医の犯罪ではありません. WOIPFGレポートは、臓器の収穫は、この瞬間に起こっている大規模なスケールの状態認可犯罪であることを主張します, 法輪功の実践者を殺すために目指して, 中国の伝統的な精神的な規律, 誰が彼らの信仰を放棄しません.

今WOIPFGの第二の主要ドキュメンタリー映画が来ます, 「収穫アライブ - 調査の10年,」これは昨年からのサンプルそのレポートの主要な調査結果を.

高レベルの中国共産党の実際の音声を聞きます (CCP) 職員, 外科医と病院職員は、良心の無実の囚人の強制臓器収穫にその役割をさりげなく話すWOIPFGレポートの印刷されたページは、感情的な影響に近づくことができないという恐ろしい感覚を提供.

氏. リ・ジャン (R), ディレクターやプロデューサー, 賞を受賞したドキュメンタリー,

氏. リ・ジャン (R), ディレクターやプロデューサー, 賞を受賞したドキュメンタリー, 「収穫アライブ, 10 調査の年,」ドキュメンタリーの英語の初演後の質問に答えます, 六月 23, ワシントンの議会の建物で、, D.C.. 彼の右にDrがあります. パン・タオ, 賞を受賞した映画の共同プロデューサーは誰なのか. (ゲイリー・ファーバーグ /大紀元)

フィルム 勝った ハリウッド国際インディペンデントドキュメンタリー賞1月の最優秀監督と外国ドキュメンタリー機能 2017.

WOIPFGは月に設立されました. 20, 2003. その定められた使命は、法輪功の迫害に関与した個人や組織の犯罪行為を調査し、公開することです. そのケースを作るのは難しいデータを探しています, WOIPFGは、より多くの調査しました 865 病院やオーバー 9500 中国の外科医.

フィルムの英語の初演は代表レイバーンオフィスビルのハウスでキャピトルヒルで開催されました, 6月に 23. プロデューサーとディレクターのリ・ジャン, 共同プロデューサー博士. パン・タオ, 博士. 王遠, 誰フィルムを物語ります, 上映に出席した、観客からの質問に答え. WOIPFG職員とイーサン・ガットマン, 中国でのライブ臓器収穫の原則研究者の1, また、上映前に話しました.

まもなく米前. プレミア, フィルムはなりました オンライン閲覧のために利用可能. このフィルムと、元の中国語版はDeerparkプロダクションによって生成されました, 後者は、11月にリリースされて. 2016.

病院のボイラー室「火葬」

フィルムのホストは博士です. 王遠, その言葉に翻訳されています. 博士. 王は、使用済み 30 中国の航空軍の医師として年間、その後、米に来ました. に 1995 ハーバード大学公衆衛生大学院で心血管疾患の研究を実施して. 彼はWOIPFGの創設者でした, そしてその社長であります. 映画の中で, 彼は薬を練習し、ために命を保存した後と言います 30 年, 彼は次を捧げるだろう想像もしませんでした 10 罪のない人々の命を取って医師を調査年.

博士. 王遠, 法輪功の迫害を調査するために、世界組織の創設者兼社長 (WOIPFG), ワシントンの議会の建物で開催されたフォーラムで講演, D.C., 中国の強制臓器収穫に, 六月 23. (ゲイリー・ファーバーグ /大紀元)

博士. 王遠, 法輪功の迫害を調査するために、世界組織の創設者兼社長 (WOIPFG), ワシントンの議会の建物で開催されたフォーラムで講演, D.C., 中国の強制臓器収穫に, 六月 23. (ゲイリー・ファーバーグ /大紀元)

フィルムには, 王は彼の人生は、月に永遠に変更されました 9, 2006, 彼らは瀋陽のSujiatun血栓症病院に生きていた間、彼は法輪功の囚人の大規模な臓器収穫の主張を聞いたとき、. 別名「アニー」を使用した女性は、彼女の元夫を主張しました, 罪悪感によって駆動眼科医, 彼はより多くの角膜を抽出していたことを彼女に告白 2,000 法輪功学習者.

王, 誰懐疑的でした, 彼と彼のWOIPFGの同僚は、彼らがさらに調査しなければならないことを決めたと述べました. 彼らは証拠を探していました, しかしSujiatun病院の医師や看護師が何の助けませんでした. その後、王は、病院のボイラー室と呼ばれ、死体が焼かれていたことを知りました. 彼自身の経験から、, 死亡した患者は、通常、病院の遺体安置所に移動し、火葬のために葬儀場に送られて、彼はそれが最も珍しいと思いました.

王はと思いました [病院のボイラー室で燃やし死体] 通常、死亡した患者は病院の遺体安置所に移動し、火葬のための葬儀に送信される最も珍しいました.

王はこの問題不穏なので、それに基づいており、Sujiatunで他の疑惑ました, 彼と彼のWOIPFGの同僚は、予備調査を開始しました. WOIPFGの捜査で 2006-2007 呼ばれます 23 法輪功学習者から入手肝臓器官があった場合、中国の病院は尋ねます. 映画の中で, 私たちは月に録音を聞きます. 6, 2006 上海復旦大学からの医師の, 中山病院移植センター, 応答, 「私たちが持っているすべては、このタイプのものです。」

ハイレベルCCP職員ノウ

WOIPFGの研究者, 他のCCP事務所の外に作業を装っ, ハイレベルの職員から電話を経由して、いくつかの文を誘発, 彼らは本当にに話していた人に知られず誰, 臓器の収穫への関与を認めたと確認しました. ここでは、ドキュメンタリーからのいくつかの例があります.

唐6月, 副会長, 遼寧省政治 & 法務委員会, 移植手術のために法輪功学習者から臓器を取るために注文について尋ねました。. 彼は言った, 「私はこれを担当していました. ザ・ [CCP] 中央委員会は、実際には、この問題を管理していました, そして、それは広範な影響を与えた。」唐はまた、前記の問題は、中央委員会で議論されました.

リ・チャングチャン, 政治局常務メンバー, ボー・ザイライについて尋ねました, 誰, 前週, CCPの規律委員会が調査中で来ていました. 場合には、発信者 (WOIPFG捜査官) 4月に尋ねました 17, 2012 法輪功学習者から収穫臓器の罪でボーの関与について, 李はすぐに答えました, 「ズハウ・ヨンカンこれを担当しています; 彼は知っている; 彼に尋ねる行きます。」

ズハウ・ヨンカン一度に政治局常務委員会のメンバーでした, 中国の政権の中で最も重要な意思決定機関. 国内のセキュリティ皇帝として、, 周は、一般的に巨大な力を振るいました, 具体的には強制収容所で法輪功の被拘禁者の上に. 彼は、後に6月に言い渡されました 2015 汚職関連の変更に終身刑に.

ときにアクティブ常任委員会に, 周は、複数回程度の研究者によって尋ねられました 20 軍事ポストを逃れていた法輪功学習者 (即ち, 強制収容所). 彼は拒否か驚いていませんでした, そして、彼は自分自身を調査すると述べました, 公共の意識博士のためWOIPFGのディレクターによると. チャールズ・リー, 誰キャピトルフォーラムで講演.

WOIPFGの研究者は無意識のうちに生きた法輪功学習者の何百万人の臓器収穫にジャン・ゼミンの原則的な役割を認めることを彼を得るために政治局常務委員張高麗にサービスを提供する上で慎重な策略を果たしました. 江, 旧CCPボス, 7月に法輪功の迫害を開始しました 20, 1999, そして彼の願いと一緒に行くために政治局の他のメンバーを強要.

張はカザフスタン国の外になるときWOIPFGは知っていました. 張後に到着し、ホテルにチェックイン, WOIPFG調査官は彼を呼ばれます, 長官劉」を装いました,」誰がジャン・ゼミンのオフィスで働きます. 研究者は法輪功学習者の数万人が法輪功学習者の何百万人の臓器を収穫するために最高人民検察院に江沢民に対する刑事苦情を提出していたことを張に語りました, 被験者は、次回の政治局会議で育っされることを. 記録には, 彼は議論や調査からそれを止めることができれば、彼は張を尋ねました. 私たちは、張の音声応答を聞きます, "はい! はい!」

WOIPFGの研究者は、江ライブ法輪功学習者の何百万人の臓器収穫を命じたと責任は非常に深刻だったことを4回を繰り返し、. 任意の予約や意見の相違なし, 張氏は、捜査を防ぐと約束し、心配しないで江を伝えるために、発信者を告げました. 彼は江に長寿と健康を願っ通話を終了しました.

すべての電話記録は、時間との電話会社からの領収書でタグ付けされています, 呼ばれる期間と電話番号. 録音中に高レベルの職員の声は彼らの声に他の場所で利用可能なオンラインとを比較し、音響ラボで確認することができます, 状態WOIPFG.

全く, WOIPFGは、中国での臓器略奪は、CCPが監督し、軍によって行われる犯罪であることの証拠としての記録を保持しています, 国家機関, 病院, そして、移植の専門家.

上記以降の実務家の何千もの殺人事件で大規模な状態に認可犯罪の高官の知識と影響力に関連する録音の唯一のサンプリングです 2000. 犯罪の他の側面についてのドキュメンタリーでより多くの証拠があります.

警察ガードフォワードカムズ

一つの記録インタビューは特に冷却と衝撃的です. これは、フィルム中の陰惨な手術の唯一の実際の目撃者からでした. 瀋陽の軍病院で, 遼寧省から武装した警備員は、自分の中の臓器のための実践者の殺害を目撃しました 2002.

どのような説明警備員は「あまりにも鮮やかに恐ろしいことでした,「サイードWOIPFG社長王遠, そして、彼は証言を聞いた後、不眠症とうつ病に苦しんで言いました. に 2009, 警備員の良心が彼を気にして彼は、彼は月以上にわたって接触していたとWOIPFGに連絡しました. 警備員が心を抽出する2人の軍の医師を目撃リコール, 肝, 角膜, そして、脳 (「脳のパルプを吸い出さ」) 麻酔薬を使用せずに、まだ、生活、女性法輪功開業医から.

彼は心を抽出医師二人を目撃しました, 肝, 角膜, そして麻酔を使用せずに女性法輪功開業医から脳.

「ナイフは彼女の胸に触れたとき, 彼女は叫びました, 「法輪大法ハオ,「」法輪大法が良いことを意味します. 心は、最初に刻まれました. 彼女は一週間のために、電気警棒で拷問されていました, 彼は言った. Wang氏は、これは通常の手術ではなかったと結論付けたが、代わりにした「法輪功学習者の拷問の継続。」

なぜ日米でプレミア. 資本

リ・ジャン, 収穫アライブ」のディレクターとプロデューサー,」彼らは意識的に米国の首都を選んだ審査後に語りました, ワシントン, D.C., そして、米. 議会は英語の初演を保持します. 翻訳者を通じていえば彼は言いました, 「それは、この犯罪は非常に明白です [大規模に法輪功学習者から臓器を略奪します] CCPによって国家認可されます. 私たちは米をしたいです. 世界的リーダーとして政府, それについて何かをします。」

博士. パン・タオ, 収穫アライブ」の共同プロデューサー,CCPが犯した犯罪を理解し、」フィルムがする皆を可能にすることを期待している 『と、私たちはそれを停止する必要があります。』

博士. 王は、世界が中国で何が起こっているのかに多くの注意を払っていないという不満を表明しました. 「それは人類に残念です. 私は米を伝えたかった理由です. 政府と全世界, 私たちは本当にこれを停止するために動作するはずです。」

あなたのドキュメンタリーで作られたクレームの半分もが真である場合, 私たちは本当に野蛮と人道に対する罪中国での臓器売買を呼び出す必要があります.

- 国会議員クリス・スミス (R-N.J。), 文字, 六月 23, 2017

議員クリス・スミス (R-N.J。), 中国の議会執行委員会の共同議長 (CECC), プレミア上映で読み取ることに手紙を書いた「収穫アライブを。」彼はこの問題に関する公聴会を開催することを観察 1998, 担当者. スミスは利益のために人身売買臓器が二十年のために、ドキュメンタリーにおける証拠はあまり変わっていないことを示していることを中国で何が起こってきたことを言いました.

「半分もあなたのドキュメンタリーで作られたクレームのが真である場合, 私たちは本当に野蛮と人道に対する罪中国での臓器売買を呼び出す必要があります。」

担当者. スミスは続けました, 「我々は中国で実践し、世界的にこの野蛮を停止する協調努力を必要としています。」

博士. 王は言った6月の今月中, 吉林省の病院は自由に肝臓移植を配っています 10 子供. (彼は4月にそれを指摘しました 28, 2006, 湖南省の病院, 法輪功の迫害は、特に厳しいされていたところ, 発表プロモーションを走りました 20 無料の肝臓や腎臓移植。) 王は、病院のが唯一の臓器の豊かさと利用できる実務家の非常に大きなプールを意味するかもしれません「譲る」収穫し、殺されると言わ.

アメリカ合衆国で. 臓器提供のはるかに成熟したシステムを持っています, 肝臓オルガンのための待ち時間は2〜3年です. 中国では, しかしながら, 待機時間は1〜2週間です.

大紀元によって尋ねられたときの自由臓器背後にあるもの, 王は言いました, "おもう [CCP] 非常に高いまだ、できるだけ早く強制収容所に残っているすべての法輪功学習者を排除するために望んでいます。」

データティッピングポイント

イーサン・ガットマン過去一年間について語っ, 2016-2017, この資料の冒頭に触れた2つの報告書は、生データのパワーのために有意であったとライブ臓器収穫の受け入れで「グローバルな転換点」に持ってきたこと. フィルムで議論緊急肝移植を参照すると、, 彼は言った, 「殺される準備ができて、人々の安定があります。」何の質問はありませんが起こってライブ臓器収穫があります, 彼は言った.

イーサン・ガットマン, 調査の作家との著者

イーサン・ガットマン, 調査作家と「スローターの著者 (1914) そしてその 2016 アップデート, 良心の囚人の強制臓器収穫にフォーラムに参加. イベントは、キャピトルヒルで開催されました, ワシントン, D.C., 六月 23. (レオ市/大紀元)

Gutmann氏, 誰もの著者であります 2014 著書「スローター,」両方のレポートはCECCの研究者による厳格な精査を受けていたことに注目. ソース上でチェックする2ヶ月を費やした後、, CECCの研究者は、文書を認証済み, これGutmann氏は、その有効性を証明するものであると言いました.

中国の強制臓器収穫は昨年に広く受け入れられています, Gutmann氏は語りました. 今すぐ上の人権団体フリーダムハウスとアムネスティ・インターナショナルの報告, さらにはニューヨーク・タイムズ紙, これは、10年以上の問題を無視していました, 今それを報告しています, 彼が追加した.

ここに記事全文を読みます